Menu
Close

News

SCROLL DOWN
お知らせ

Column

2023.05.26

メンズVIO脱毛を医療脱毛で行うメリットとデメリット

VIO脱毛を行う方法は、医療脱毛と美容脱毛の2つがあります。VIO脱毛をご検討されている多くの方は、どちらの脱毛方法でVIO脱毛を行うべきか悩んでいるのではないでしょうか。VIO脱毛は、人によってどの脱毛方法で行うべきか異なります。
今回は、医療脱毛について知っていただくために、VIO脱毛を医療脱毛で行うメリットとデメリットをご紹介します。VIO脱毛をご検討中の方は、ぜひこの記事を参考に脱毛選びを進めてください。

目次

VIO脱毛を行う医療脱毛ってどんな脱毛方法?

VIO脱毛を医療脱毛で行うメリット

VIO脱毛を医療脱毛で行うデメリット

まとめ

VIO脱毛を行う医療脱毛ってどんな脱毛方法?

医療脱毛とは、レーザー脱毛とニードル脱毛という2種類の方法があります。レーザー脱毛は、毛に含まれるメラニン色素に反応することで毛根にある毛乳頭を破壊する脱毛方法です。ニードル脱毛は、針を毛穴に刺し込み、電流や低周波を流し毛根を破壊する脱毛方法です。
どちらも医師や看護師、准看護師など特別な免許を持った医療従事者でないと扱うことができない脱毛器を使用します。高出力な脱毛器であるため、専門的な知識を持っていないと、トラブルに繋がってしまいます。
脱毛効果が高くて、永久脱毛の効果を実感することができます。しかし、痛みが強く途中で断念する方もいらっしゃいます。特に、VIOのようなデリケートゾーンは、肌薄く、毛が太くて濃いため、痛みを感じやすい部位となっています。痛みを軽減するために麻酔の使用が認められているため、多くの方が利用されています。

VIO脱毛を医療脱毛で行うメリット

VIO脱毛を医療脱毛で行うメリットについて3つあります。それぞれ詳しくご紹介します。

排泄時の衛生面と清潔感が向上する

VIO脱毛を行うことによって得られる一番のメリットが排泄時の衛生面と清潔感が向上することです。VIOの毛がなくなると、排泄物の付着や臭いの発生を抑えることができます。特に、Oライン脱毛を行うことで、清潔かつ快適な状態を維持することができます。また、毛がない状態では清潔さが持続しやすく、衛生的な状態を保つことができます。

介護を受けるうえでストレスを軽減できる

最近のVIO脱毛は、介護を受ける際にもメリットを発揮します。VIOに毛がない状態は、介護を行う側や受ける側どちらのストレスも軽減することができます。介護を受ける側としては、清潔感や快適さを手に入れることができます。また介護を行う側は、毛のない状態でのケアを行いやすくなり、負担が軽減されます。

夜の営み時の密着度合いが高まる

パートナーとの夜がマンネリ化してきたと感じる場合、VIO脱毛を行い密着度が高まることで、前とは違う営みを楽しむことができるため、マンネリ化防止に繋がります。
また、清潔感あふれるVIOが好きであるという女性の方も多いため、ぜひパートナーに相談してみてください。

VIO脱毛を医療脱毛で行うデメリット

VIO脱毛を医療脱毛で行うことで、たくさんのメリットがありますが、デメリットも2つほどあります。それぞれ詳しくご紹介します。

施術時の痛みが強い

先述した通り、医療脱毛は脱毛効果が高く痛みが強い脱毛方法です。VIOのようなデリケートな部位は、痛みを感じやすいため注意が必要です。痛みに弱い方や敏感肌である方は、麻酔の使用や脱毛サロンでVIO脱毛を行うことをご検討ください。

脱毛開始前の状態に戻らない

一度医療脱毛を行うと、永久脱毛の効果が得られるため、VIOの毛は戻ってきません。ツルツルにしてから、やっぱり毛を生やしておきたいと思っても、もう戻りません。そのため、VIO脱毛を行う前にしっかりとVIO脱毛を行う目的を定めて脱毛することが自分にとって必要であるかどうか、考えてからVIO脱毛を行いましょう。

まとめ

VIO脱毛を医療脱毛で行うメリットやデメリットについてご紹介しました。デメリットは、改善することができるものばかりですので、自分の脱毛を受けたい脱毛クリニックやサロンについて調べていただき、情報収集を行いましょう。
自分に合った脱毛方法を見つけていただき、満足できるVIO脱毛を行いましょう。