Menu
Close

News

SCROLL DOWN
お知らせ

Column

2024.05.26

メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行うと赤みが出る?原因や対策について

メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行うと、肌の奥にある発毛組織に熱ダメージを与えるため、手前にある肌にも熱によるダメージを受けます。肌は刺激を受けると赤みが発生することがあり、軽い炎症を起こしてる状態です。赤みが発生していると、肌が敏感で少しの刺激で肌荒れや毛嚢炎などの肌トラブルの危険性が高まるため、避ける必要があります。脱毛を通して、綺麗な肌を目指しているという方は、赤みが発生しないように対策しなければなりません。
今回の記事では、メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行って赤みが発生する原因を知っていただき、さらに赤みが発生しないための対策方法についてご紹介いたします。

目次
メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行う方法
・メンズ脱毛サロンでおすすめの光脱毛
・光脱毛以外の脱毛方法はある?
ヒゲ脱毛や髭剃りで肌が赤くなる原因は?
・光の照射による影響
・肌が乾燥している場合
・剃毛による肌の受けた刺激
メンズ脱毛サロンで行うヒゲ脱毛で赤くなりやすい部位は?
・鼻下
・あご
・あご裏
ヒゲ脱毛後に赤みが出ないようにする対策方法
・保湿する
・施術部位を冷やす
・清潔感のある状態を保つ
まとめ

メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行う方法

ヒゲ脱毛を検討している方の多くがメンズ脱毛サロンを選ばれることが多くなってきています。メンズ脱毛サロンでは、お店によって脱毛方法が異なるため、脱毛サロンを探す際は事前に調べておく必要があります。

メンズ脱毛サロンでおすすめの光脱毛

メンズ脱毛サロンでは、光脱毛で施術を行っているサロンがほとんどです。光脱毛は、豊富な脱毛機器の種類があり、脱毛効果を発揮することができる実績も多いため、脱毛する際は光脱毛を扱っている脱毛サロンをおすすめします。
光脱毛は、毛の黒い要素であるメラニン色素に反応すると熱エネルギーに変わる光を照射する施術方法です。光は、毛根の奥にある毛乳頭といわれる毛の成長に必要な発毛組織まで透過していき、熱に変わってダメージを与えていきます。1回の施術ですべての毛にダメージを与えることができないため、複数回の施術を受ける必要があります。複数回の脱毛施術を受けると、多くの毛が生えてこなくなります。
メンズ脱毛サロンで行われる脱毛方法の中でもっとも高い効果を期待できる脱毛方法であるため、大変おすすめです。

光脱毛以外の脱毛方法はある?

光脱毛以外にも、メンズ脱毛サロンが扱っている脱毛方法はあります。例えば、ニードル脱毛やワックス脱毛などが挙げられます。
ニードル脱毛は、特殊な針を毛穴に刺し込み、電気を流すことで毛乳頭にダメージを与えます。1本ずつダメージを与えていく脱毛方法であり、高い効果を発揮することができますが、1回の施術にかかる時間が長すぎることが特徴です。

ワックス脱毛は、肌表面に見えている毛を一瞬ですべて処理することができます。数日は綺麗な状態が続きますが、毛の生えるために働く発毛組織の機能を止めることができていないため、生えてこなくなることはありません。一時的かつ即効性を気にされている場合、おすすめの脱毛方法ですが、長期的に綺麗な肌を手に入れたいという方は、ワックス脱毛ではなく光脱毛を選んでいただくことをおすすめします。

ヒゲ脱毛や髭剃りで肌が赤くなる原因は?

ヒゲ脱毛だけでなく髭剃りを行った後も肌が赤くなることがあるのではないでしょうか。このように様々な原因で肌が赤くなります。この項目では、肌が赤くなる原因についてご紹介いたします。

光の照射による影響

まずは、光脱毛の光の照射によって肌がダメージを受けて、肌が赤くなってしまうことがあります。光がメラニン色素に反応して熱に変わると約60℃以上の温度まで高くなってしまうため、肌に大きな負担がかかってしまいます。光の照射によって肌に加わった熱が肌の水分を蒸発させて乾燥し、赤くなることが特徴です。

肌が乾燥している場合

肌が乾燥していると、肌がダメージを受けやすい状態です。乾燥している肌は、水分が少なくなっているためバリア機能が低下します。バリア機能が低下している状態で、光脱毛や髭剃りなど高刺激な行動によって肌がダメージを受けてしまい、赤みを帯びます。特に、乾燥している肌は、赤みを帯びてからもダメージを受けやすい状態であるため、注意が必要です。

剃毛による肌の受けた刺激

髭剃りを行うことは、肌に大きな負担を与えてしまいます。毎日髭剃りでカミソリを用いた剃毛を行う方が多いのではないでしょうか。1回の光脱毛で肌に与える負担は大きいですが、毎日カミソリを用いて剃毛を行うと、光脱毛以上にダメージを蓄積させてしまいます。カミソリは、肌に直接刃が当たることで、肌を削ってしまうリスクがあり、バリア機能を低下させて、最悪出血してしまう恐れがあります。
剃毛を行う際は、肌への負担を最小限に抑えることができるように、刃が直接肌に当たらないような電動シェーバーを用いていただくことがおすすめです

メンズ脱毛サロンで行うヒゲ脱毛で赤くなりやすい部位は?

メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行うと、肌が赤くなることがありますが、顔の部位によって赤くなりやすい部位と赤くなりにくい部位があります。中でも、鼻下やあご、あご裏は、赤くなりやすい部位です。

鼻下

鼻下は、人中といわれる人間の急所が含まれており、強い刺激に弱い部位です。強い刺激を受けると呼吸困難になるような部位ですが、脱毛の刺激では呼吸困難になることはないため、ご安心ください。しかし、鼻下は肌が薄く、光の照射による刺激で痛みを感じやすいです。痛みを強く感じる鼻下は、光の照射後に肌が赤くなりやすいため、肌トラブルの発生に注意する必要があります。

あご

あごは、濃いヒゲが密集している部位であり、強い光エネルギーが熱エネルギーに変換されます。高い温度の熱が発生するため、肌は強い刺激を受けて肌が赤くなりやすいです。鼻下と同じくらいの痛みを感じるというお客様が多く、施術後赤みが発生する方が多くいらっしゃいます。

あご裏

あご裏は、濃いヒゲが生えている方であれば痛みを強く感じ、施術後に赤みが発生する恐れがあります。あご裏は、肌が薄く毛が密集しやすい部位であるため、高い温度の熱が発生しやすいです。鼻下やあごに比べて、痛みが強くないため刺激を強く感じにくい場合もあります。

ヒゲ脱毛後に赤みが出ないようにする対策方法

メンズ脱毛サロンでヒゲ脱毛を行うと、強い痛みを感じてしまうという方が多くいらっしゃいます。強い痛みを対策したいと考えている方は、下記の3つの対策方法を押さえておくことをおすすめします。

保湿する

施術後、熱によって肌にあった水分が蒸発して軽いヤケド状態となります。よって、肌が赤みを帯びるため、ヒゲ脱毛の強い刺激を受けた肌には、保湿が重要です。施術直後と入浴後、洗顔後などは乾燥しやすいため、こまめに保湿することをおすすめします。
化粧水をたっぷりと塗り、失った水分を足すことで赤みを抑えることが可能です。しかし、それだけでは水分が蒸発していき、保湿効果が一時的になってしまいます。そのため、水分を逃がさないように乳液を用いて水分が長期的に肌に残るようにケアすることが大切です。

施術部位を冷やす

施術後の赤みは、熱によって負った軽いヤケドが大きな原因です。つまり、赤みを抑えるためには、施術部位を冷やして熱を逃がす必要があります。熱が長時間肌に留まっていると、赤みが強くなり、強い炎症が発生してしまう恐れがあるため、病院を受診する必要があるほど負担の大きい肌トラブルになりかねません。
ヒゲ脱毛の施術を受けた後、肌が赤くなることがあれば、その場でスタッフが冷やしてくれます。また、帰宅しても赤みが目立つ場合、冷やしたタオルや氷水を入れた袋などで施術部位を冷やしてください

清潔感のある状態を保つ

熱によって赤みを帯びることは、軽いヤケド状態であり、冷やしたり保湿することで治癒していきます。赤みを帯びている場合、肌のバリア機能が低下しているため、菌が入り込んで見た目がニキビや毛嚢炎のような強い炎症が発生する恐れがあります。したがって、肌表面に菌がついていない状態を維持しておくことが炎症による赤みを抑えることができるため、肌を清潔に保っておくことは重要です。

まとめ

メンズ脱毛サロンで行うヒゲ脱毛は、肌の奥にある発毛組織に熱ダメージを与えることで脱毛効果を得られますが、その際、肌表面も強いダメージを受け、赤みや軽い炎症が発生することがあります。赤みの原因は、光脱毛の照射による高温、乾燥した肌、剃毛による刺激などです。特に鼻下、あご、あご裏は赤くなりやすい部位です。赤みを防ぐためには、施術後の保湿、冷却、清潔な状態の維持が重要です。これらの対策をしっかり行うことで、肌トラブルを避け、綺麗な肌を保つことができます。
メンズ脱毛サロンオーシャンズでは、お客様に接触する機器の部分は消毒しており、施術時に冷却ジェルを用い、照射面の冷却機能、施術後に保湿を行います。お客様の肌の赤みの可能性を最小限に抑える工夫を行い、高い効果を感じていただけるようにサービスを提供しております。
ヒゲ脱毛を検討されている方は、ぜひオーシャンズでの施術をご検討ください。

お問い合わせ